適性能力評価

適性試験によるエンジニア能力評価を行っています
 採用時の人財の判定基準「適性能力評価試験」
エンジニアとしての基礎数学力や技術英文資料対応力がどの程度であるかを現在の適性能力を判定評価します。
企業や団体さまの依頼により認定会場にて実施する適性試験です。試験の実施は、本人確認や試験監督が必要な場合は、全国の提携しています試験実施会場にて実施します。提携会場では、本人確認後に監督者の管理のもとで厳正に実施されます。
本人確認が必要のない場合は、自宅や会社、大学でインターネット環境があれば、どこでもいつでも受検が可能です。
 新入社員のミスマッチに対する対応
大学あるいは高校を卒業して企業へ入社する場合の適正チェックの方法
グローバル社会では、英語のオーラル・コミュニケーション能力と英文資料対応力が必須です。提案するシステムは、英文資料対応力と基礎数学力をチェックし、希望する企業等でのミスマッチを最小限にすることを目指しています。グローバル社会の人材として、英語重視で採用される社員が 、入社後の活動に支障をきたすケースが多々報告されています。つま り、ミスマッ チの問題です。解決策の一つとして、理系・文系を問わず、社会で活動する ために必要な基礎的な数学力と英文資料対応力を兼ね備えた人材を発掘することが重要と思いま す。
 
基礎的な数学力の選定

社会人と して必要な基礎的な数学力と して中学で学習する数学が最適と考えています。
中学で学習する数学には、分数、小数、文字式などの計算能力、確率 ・統計の基礎、デ タ処理の基礎的技術(直線や 曲線によ るデータの表現など) 、方程式や関数の扱い、グラフによる種々の事項の表現 、座標表現 、事象の平均的な変化分 、文章題等によ る簡単なモデリング、指数( 利息の計算など) その他、社会で活動するに必要な素養は十分に網羅されています。また、これらをベースにすれば、工学分野での高度な問題への挑戦への足掛かりにもなります。
  英文による基礎数学力達成度テストの利点

・グローバル対応力  :基礎数学力は十分であるとしても英文資料対応力はどうか
・基礎数学力 英文対応力に優れていれば、 問題の把握は容易ですが、社会で活動するに必要な基礎数学カを有しているかどうか

評価分析

図に示すように赤のゾーンに入った被検者は非常に優れていると考えられます。緑のゾーンの被検者は英文資料対応力は高いが基礎数学力が低めか基礎数学力は高いが英文資料対応力は低め 、両者ともにやや低めが背のゾーンというような判別ができます。成績分析アルゴと組み合わせることによりどのゾーンに入っているかを示すことが 可能になります。

※お問い合わせは、こちらでお願いします。

0-36

お名前 (必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

御社名(必死)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容