文部科学省 平成30年度「高校生のための学びの基礎診断」の認定について

このたび、平成30年度「高校生のための学びの基礎診断」について、以下のツールが認定されました。
□文部科学省  □認定概要一覧

「高校生のための学びの基礎診断」認定測定ツール

公益財団日本数学検定協会ニュースリリース

当協会は、2019年度にスタートする「高校生のための学びの基礎診断」の測定ツールとして、「実用数学技能検定」の準2級と3級、そして「基礎学力の定着」と「学習意欲の向上」をめざした新しい学習測定ツール「数検スコア診断(※1)」(CBTシステムを採用)を文部科学省に申請し、2018年12月に認定を受けました。今回2018年度申請分の認定期間は、2022年3月31日までです。認定された当協会の測定ツールは4種類あり、すべて受検者個人(学習者)および実施団体に成績結果を提供します(※2)。診断の結果によって、生徒は自身の学習の成果や課題が確認でき、学習改善につなげることができます。また指導者は、今後の指導の工夫・充実に役立てることができます。
(※1)「数検スコア診断」は「数検スコア基礎診断」と「数検スコア総合診断」の総称です。
(※2)2019年度から、実用数学技能検定2~5級を実施した団体には「団体別成績票」を提供します。