授業改善のための授業支援プログラムです

ICT学び診断は、授業改善を目的としたPDCA学習支援クラウドサービスです。人材を育てるために先生の授業プランに学習項目分析評価法(LIAM)を活用して、目標値を設置し、結果をPDCAサイクルで活用します。達成度評価の元で基礎となる学習要素を分析(LEA)し、EdTechを利用したきめ細かな学習支援と授業改善を目的とします。

従来からレーダーチャートなどでどのような項目を復習すべきかなどの指標を与える優れた方法はありますが、わたしたちICTDAは、1つの例としては、「デジタル信号処理講習」や「技術者向け英語力&基礎数学力診断」などを学ぶ生徒に対して、その学習達成度を分析評価し、生徒の教育環境を考慮した学習支援をクラウドによるオンラインシステム(EdTech)で提供することを目的としております。


ICT学び診断の結果により、生徒が復習の指針や学習の達成度を把握することができるため、先生の簡単なアドバイスにより、今後の学習に適切、効率的に臨むことが可能となります。この学び診断プログラムを採用する研修では、個々の試験結果と分析結果を得ることで、先生が目標としてる到達点に対して生徒一人一人の学習達成度の状況を判断することができます。先生個々によるPDCA学習サイクルによる授業の展開が可能になります。

当該研修の全体的、あるいは平均的「学習達成度」を把握し、生徒に対するその後の教育方法等の改善などに役立たせることが可能です。このシステムの特徴はそれぞれの研修毎に、当該生徒に適した復習ガイドラインを提示できる点にあります。

授業に沿った学習項目を分析評価

 

▣Check:授業プランに沿って生徒は分析テストを実施します。
▣Analysis:学習項目の達成度結果のデータを分析し、達成度の細分化された情報に分割します。
▣Remedial Learning
分析結果を受け設定レベルをクリアしていない生徒は復習学習を実施し、再度レベルチェックを受けます。

学習要素分析 LEA …Learning Element Analysis


先生による授業プランは、対象となる学習項目に沿って進められます。学習項目は、単元をさらに細分化した学習要素から成り立っています。私たちICTDAは、学習項目分析(LIAM)を実施する中で、学習要素を分析することが重要であると確信しています。この学習要素を見える化することで理解力が高まり学習達成度が向上します。LEA学習要素分析は、ICTDAの基礎となる学習要素分析(LEA)プログラムです。日々の学習項目分析を行い、定期的に実施する分析テストの結果を比較分析することで、その学習効果を見ることができます。