認定講師資格

認定講師は自らが学び、自らが指導者となって人材を育成することを目的としています。インストラクションスキルやコンテンツスキルの各認定資格講座やコンテンツスキルに併設した一般受講生向け講座及び試験を行なうことができます。

ICTDA認定講師に期待する役割は大きく分けて2つあります。
ひとつはICTの指導者としての活躍、もう一つは地域に根ざしたデジタルコンシェルジュ的な活躍です。
進化し続ける情報家電やモバイルツール、デジタル機器など、家庭に氾濫するICTやIoT関連の技術と4Gから5Gへの進化する通信環境にどのようにつきあっていくことで生活が楽しくなるか、地域や知識の情報格差をどのように解決していくことができるか、迷う方々のアドバイザーとして地域の役割を担っていただくことを期待しています。

この認定制度は、2010年にマイクロソフト社の『マイクロソフトICTプログラム』を当協会に移管。
その理念、制度、コンテンツ等を全面的に継承しています。

※ICTマスタートレーナー及び、ICTマスターインストラクターを総称して『ICTDA認定講師』とします。

ICTDA認定講師は、研修で教えるためのスキルとして「相手の立場」に立ったコミュニケーションがとれるよう何度も繰り返し練習して頂きました。当たり前と思う方も多い中、わかるとできるは違うということに気付かされるカリキュラム内容だとマイクロソフトでも高評価をいただいてきました。

「共に育む」(学習者と共に成長する)

「共育」とはICTDA認定講師の基本コンセプトそのものを表現した言葉です。
ICTDA認定講師は、知っていることを一方的に教えるだけではなく、学習者と共に成長するという姿勢とその成長手段を提供する役割を担っています。インストラクションスキルは経験とともに向上し、生徒さんである学習者と一緒に学ぶことができると考えています。ICTDA認定講師の皆さま方自身が地域のコメントリーダーとなって、大きな力を蓄積していけることを期待しています。ICTを活用すれば、これからの企業のあり方や仕事の方法も変化すると同時に、地域のつながりから国際的なつながりに至るまでの社会環境も大きく変革していくことでしょう。ひとりひとりがICTの使い方を理解し、活用していくことによって、さらに趣味、生活、人生の幅を広げることも可能になります。

以上のような背景から、すべての人々に対してICTの利活用を伝える役割を担っていただくために「ICTDA認定講師」が誕生しました。
ICTの利活用を伝える対象者のほとんどは、ICTに興味を持ちながら今まで使う(学ぶ)機会がなかった、まったく感心すらなかったなどの初心者の方々です。

ICTDA認定講師は、教え方(伝え方)の根底には、すべての人が理解できるように、丁寧に、やさしく、楽しく、そして辛抱強く受講者に接する心構えと、すべての人にICTを学ぶ機会を提供します。そして、地域におけるICTの普及の指南役、相談役をめざしています。


“ICTの利活用をすべての人へ”
すべての人がICTを理解し、その人の生活にとって一番必要な利活用を実践できるようにすることが、ICTDA認定講師の役割です。

研修カリキュラム

ICTDA認定講師 研修カリキュラム(参考資料)

第1章 基礎編(インストラクターとしての話し方、教え方)
1 枠内思考・先入観念・固定観念を取り除こう
2 自分自身の傾向を知る。 話し方をチェックしよう!
3 こころとことばの関係
4 ことばのキャッチボール=コミュニケーション
5 すべては自分自身の心構えから始まる(話し手と聞き手)
6 AIDAS(アイダス)の法則を活用する
7 ユーモアは必須
8 比喩の魔術の活用(難しいことばを簡単なことばに置き換える)
9 話の組み立て方…ロールプレイング①自己紹介
10 人から識別される4つの側面と総合力
11 笑顔とアイコンタクトの科学
 …ロールプレイング②笑顔のイメージトレーニング
12 わかりやすい話し方の条件
13 わかりやすい伝え方の条件
 …ゲーム①名前を覚えよう・名前を呼ぼう
14 受講者の立場に立つ
 …クイズ②何が見えてきますか?
 …ロールプレイング③ – 1マウスの持ち方
 …ロールプレイング③ – 2インターネット
15 ジェスチャー、立ち位置を有効に使おう
 …ゲーム②ジェスチャーをしよう
16 表現力、表情の豊かさを養おう
 …ロールプレイング④感情を込めて意思を伝える
17 日本の昔話から学ぶこと
 …ロールプレイング⑤「桃太郎」の話をしよう
18 ユーモアとウィット(インストラクターはエンターテナー)
 …クイズ③ ユーモア&クイズ
19 好きなことを話すときの自分は?
20 話題を豊富に(座談の達人になる)
21 発声練習
22 インストラクション・サイクル

第2章 コース設計書の理解と講習までの準備
1. 講習計画書作成までの準備
 …1-1.受講者の年齢、パソコンの経験年数、受講の目的の把握
 …1-2.コース設計書の確認
 …1-3.テキストの内容確認と把握
2. 講習計画書・教材の作成方法
2-1.講習計画書の作り方
2-2.補助教材の作り方
2-3.補足資料の作り方

第3章 模擬授業(実際の講習の流れを体験・理解)
1. 模擬授業の前に
 …1-1.自己紹介の復習 ロールプレイング⑥ 自己紹介(2回目)
 …1-2.他人の良い点、改善点から学ぶ
 …1-3.模擬授業の進め方
2. 模擬授業 ①
 …2-1.模擬授業課題① 実施
 …2-2.ギリシャの哲人から学ぶもの
3. 模擬授業 ②
 …3-1.模擬授業課題② 実施
3-2.本論の3つのポイント
3-3.森→林→木
3-4.集合 ⇔ 個別
3-5.基本 ⇔ 応用
4. 模擬授業 ③
4-1.模擬授業課題③ 実施
4-2.驚きと感動を共有する
5. 電話によるサポート
5-1.ロールプレイング⑦

第4章 成長編

1. 未来へ
 …1-1.対話力を磨く
 …1-2.ホスピタリティを心がける
 …1-3自己研鑽を怠りなく
 …1-4.人から学び、人へ還す
 …1-5「全ての人、ものから学ぶ」

ICTDA認定講師資格更新のご案内

2020年度ICTDA認定講師更新のご案内
年度認定講師として更新をきぼうされる方へ認定カードをお送りしています。
※2020年度更新をご希望の方は、
下記の【2020年度 ICTDA認定講師資格 更新申請】より必要事項をご記入の上でお申し込みください。
 ◎更新年:2020年9月1日より2021年8月31日までの1年間となります。
 ◎更新料:認定料及び認定カード(PDF)  3,300円(税込)
 ◎お申込み内容:下記の内容をご記入の上で更新のお申し込みをお願いします。詳細を別途返送します。
※更新のご連絡が遅くなり大変申し訳ありません。

認定カードサンプル

資格申請 お申し込みの手順
資格更新の申請 
 下記申請フォームへ必要事項を入力し送信します。
更新料のお振込み
 申請完了後に届くメールに、お振込みについて記載しておりますので、ご確認の上お振込みをお願い致します。
認定カード送付
 お申込みいただきました時点でメールにて認定カード(PDF形式)をお送り致します。
更新の完了
 当協会にてご入金の確認

【2020年度 ICTDA認定講師資格 更新申請フォーム】


立会人登録制度

ICTDA認定講師及び会員のみなさまへ立会人登録のご案内

当協会宛に、試験を運用されている試験実施団体さまや企業さまより、会場、社内、学校内で実施されている試験が適切な運用で実施されているか、現地で調査確認して欲しいとの依頼を多数頂くようになりました。当協会では、試験会場で試験運用をチェックする【立会人】制度を確立し、試験当日に会場にて試験運用に立ち会うための立会人を派遣する取り組みを実施する運びとなりました。本事業への取組に賛同し【立会人】としてご登録頂ける方を募集しております。

【立会人登録要項】

■立会人の業務内容
試験会場や大学や専門学校など学校内で実施されている民間の試験(マークシート試験)が主催者の運用マニュアルに沿って適切に実施されているかをチェックする業務です。試験と運用する試験監督者と異なります。会場や教室で実施されている試験に立会い、試験問題の開封と封緘、チェックリストを参考に試験官の業務を監視・チェックする業務となります。※試験の実施や運用、受験者の対応などの業務は一切ございません。
■募集地域:全国47都道府県
■実施場所:各地域の大学・高校・専門学校などの学校法人
■実施日:年間を通して実施されます。※実施確定日は、都度ご案内をさせていただきます。
■業務時間:12:00~16:00予定
■タイムスケジュール(予定)
  12:00- 現地集合 
  12:00-13:00 試験の事前準備事項をリストをもとに確認
  13:00-15:15 試験実施をリストをもとに確認
  15:15-16:00 試験集計業務をリストをもとに確認
■前提条件:
 ・責任をもって実施日の対応ができる方
 ・チェックリストをもとに試験運用が適切に実施されているかを確認できる方
■お申込みから依頼までの流れ
 ①下記のお申込みフォームから必要事項と希望する地域・会場を選択して申請ください
 ②実施が決まった段階でご連絡致します
■注意事項
 ・申請された方全員に業務の依頼をお約束するものではございません。
 ・随時実施確定の都度ご案内をさせていただきますので、ご都合の良い場合にご参加いただくことができます。

+++++++++++++++++++++

【立会人お申込みフォーム】
下記のフォームよりお申し込みください
立会人お申し込みフォーム

【ご質問・お問合せ】
下記のフォームよりお問合せください
ご質問・お問合わせフォーム